ガラスの塊

shinichi sato
shinichi sato

スツールであり、フットライトであり、オブジェでもある

型に高透過ガラスを流し込み焼成炉で鋳造した一点もの。膨張圧で型が歪むというハプニングで生じた有機的なラインによって、氷のような佇まいとなった。三保谷硝子店の三代目・三保谷 友彦氏に実現していただいた。

hiroshi seki
hiroshi seki
hiroshi seki
hiroshi seki
hiroshi seki
hiroshi seki
shinichi sato
shinichi sato