|素|のもの店

もてなし

|素|のもの の道具は、シンプルだけれど使ってみると、お茶やお菓子が映えたりお花がみずみずしかったり。
相手を思い浮かべて使う道具だから、人の手が加わって生き生きとする。
道具使いを通して、気持ちを伝えられたら、日常の行為も美しく
変わっていくだろう。

室礼

暮らしと空間、その関係を心地よく取り持ってくれる家具。そして、室礼を意識することで、家具の役割はさらに変わってくる。「みせる、ととのえる」ことのできる家具を使って、客人のおもてなしも、自分や家族のささやかなよろこびも愉しめるように。

祈り

大切な人の彼方での幸せを願い、いつまでも記憶にとどめたいと念う時。
それぞれの念いを形にしていくことは、いまを生きるわたしたちにできる尊い行為。
暮らしの中で、さり気なくその存在を感じられるように、
祈りのありようを共に考えていきたい。

記憶と記録

その人の暮らしに耳を傾けることから始まる、セキデザインスタジオのものづくり。
よりパーソナルなデザインは、いくつものストーリーを追いかけるうちに生まれる。
大切なものづくりを、時には本や写真、映像、言葉として、記憶や記録に。