mitsugusoku 粋

仏様をお祀りするために供える、花立て、香炉、蝋台のセットを三具足といいます。「粋」は、心穏やかに気持ちを向けられる「静かなかたち」をキーワードにつくられた祈りの道具です。仏壇や厨子がなくても、祀りの場をつくることができます。ろくろで丁寧に手作りされた陶器製。貫入の入り方がひとつひとつ違い、お線香の煙のようなひび模様となっています。箱は念いの対象を置く台に、蓋は具足を置くトレイとして使用できるようデザインしています。三具足だけを使う場合は、箱を収納として使用すれば、ライターやろうそく、お線香などをすっきりと納められます。ろう台のかわりに、杯をセットにすることもできます。

セット内容:
花立て W32mm×H71mm×D32mm
香炉  W77mm×H75mm×D77mm
蝋台  W32mm×H85mm×D32mm
桐箱  W280mm×H110mm×D120mm
ろうそく φ7.5mm×H49mm
燃焼時間  約19分
灰 36g

返品・お取り替えについて

受注生産品は、受注確定後のキャンセル及びお届けした商品の交換・返品はできません。
ご注文の際は、サイズなど十分にご検討下さい。
製作時、配送時の問題による商品の不具合に関しましては、代替品の発送をもって対応させていただきます。
納期がかかる場合がございますがご了承ください。
商品到着時に商品のチェックをしていただき、問題がありましたら3日以内にお知らせ下さい。

商品に関するご注意

商品の実際の色と、お使いのモニターで見る色は微妙に異なりますのでご了承下さい。
品質向上のために商品の形状、仕上げ等を予告なく変更する場合があります。

●天然無垢材の商品について
天然の無垢材を使用しているものは、同じデザインの商品でも木目や色調、質感の表情が異なります。
節や割れのある部材を自然が描き出した個性として無駄なく有効に活用しているものもあります。
使用状況や使用環境により、反りや割れが生じることがあります。
直射日光、冷暖房器具、過度の湿気や乾燥を避け、設置場所にご注意下さい。
経年変化による、仕様用途に差し障りのない割れや反りは、ご容赦くださいますようお願いいたします。

●自然オイル仕上げの商品について
年数が経つと自然オイルの効果がなくなり、色落ちする事がありますので、自然オイルを塗りメンテナンスして下さい。自然オイルにつきましてはお問い合わせ下さい。水等をこぼし、長時間放置して置くとシミ等になりますので、速やかに拭き取って下さい。

●木製の小物の取り扱いについて
天然木を使用していますので、木目、色目がそれぞれ異なります。
節や色むらなどもありますが、木の個性としてその後の経年変化とともにお楽しみ下さい。

●sugi-bon
ご使用後は、薄い洗剤で水洗いし、水分を拭き取り、日陰で表面を十分に乾燥させてから保管して下さい。
直射日光に長時間さらすと、割れの原因になります。

●my hashi set
水の中に長時間つけないで下さい。食洗機の使用はお避け下さい。
洗った後は、よく水気を拭き取り、日陰で乾燥させてから保管して下さい。

●moku-kabin
木部を水につけないで下さい。濡れたら水気を拭き取り、日陰で乾燥させてから保管して下さい。
試験管は取り外せます。下に向けて落とさないようにお気をつけ下さい。

●moku-bon ●moku-nimen-bon
木部を水につけないで下さい。
汚れは、薄めた中性洗剤をつけよく絞った布で拭取り、水を絞った布で拭いてから日陰で乾燥させて保管して下さい。

●桐のシリーズ
水等をこぼし、長時間放置して置くとシミや傷みの原因になりますので、速やかに拭き取って下さい。
水につけないで下さい。洗剤を使用して拭かないで下さい。高温のものを直接のせないで下さい。
桐は傷がつきやすいので、硬いものを当てないで下さい。
手荒な扱いをしますと破損する恐れがありますので、丁寧に取り扱い下さい。

●アルミニウムの商品について
自然素材の蜜蝋で表面をコーティングしていますので、徐々に金属の経年変化が楽しめます。
汚れは中性洗剤をつけた柔らかいスポンジ等で落とし、水洗い後、乾いた布で水分を拭き取って下さい。
ステンレスたわしなど硬いものでこすらないで下さい。
長期間水を入れたり、水につけて放置しないで下さい。
湿気の多い場所を避けて保管し、定期的に乾いた布で拭いて下さい。
直火や電子レンジ、食器洗浄機の使用はお避け下さい。
傷つきやすいので、鋭利なもののご使用はお控えください。
強い衝撃は、傷や破損の原因になりますのでお気をつけ下さい。

●真鍮の商品について
自然素材の蜜蝋で表面をコーティングしていますのでゆっくりと酸化します。
徐々に落ち着いた色合いになる金属の経年変化をお楽しみ下さい。
水につけて放置しないで下さい。水分が付いた場合は、速やかに乾いた布で拭き取って下さい。
汚れは中性洗剤をつけた柔らかいスポンジ等で取り除き、水を硬く絞った布で洗剤を落としてから、乾いた布で水分を拭き取って下さい。
ステンレスたわしやスポンジのスコッチ面など硬いものでこすらないで下さい。
強い衝撃は、傷や破損の原因になりますのでお気をつけ下さい。

●真鍮銀メッキ製品について
上記真鍮製品の注意事項に加え、以下の点にご注意下さい。
真鍮銀メッキの商品は、表面の銀が長時間放置すると酸化して色合いが変化します。
湿気の多い場所を避けて保管して下さい。
普段は柔らかい布で乾拭き程度のお手入れをし、くもりや酸化の汚れは市販の銀磨き用クロスで軽く拭いて下さい。

●ステンレスの製品について
水につけて長時間放置しないで下さい。
洗ったら、乾いた布で水分を拭き取って乾燥させてから保管して下さい。
直火や電子レンジ、食器洗浄機の使用はお避け下さい。
先が鋭利になっておりますのでご使用には十分お気をつけ下さい。

●ステンレスミラーについて
軽い汚れは、ウエス、ナプキン等の柔らかい布で拭き取って下さい。
手あかや油汚れの付着は、柔らかな布などに中性洗剤を50倍以上に薄めた液を含ませて拭き取り、
水で湿らせた柔らかい布等で中性洗剤を拭き取ります。その後、乾いた柔らかい布等で拭いて下さい。
細かいキズがつきやすいタオルの使用はお避けください。
一部分を集中して強く拭くと、傷付きやすく、光沢が落ちますのでお気をつけ下さい。
塩素系の洗剤は絶対に使用しないで下さい。
吊り金物をしっかりと壁に固定したことを確認してから取付けて下さい。
吊りひもが劣化した場合は、速やかに丈夫なひも等にお取り替えください。

●草木染めの商品について
草木染めは、洗ったり使ったりしているうちに落ち着いた色に変わっていきます。
色落ちしますので、洗濯は他のものと別にして下さい。
お洗濯は、少量のせっけんまたは中性洗剤で手洗いして下さい。漂白剤の使用はできません。

IMG_0530
粋 maru
(¥45,000) price : ¥45,000
在庫有り
IMG_0531
粋 tsuzumi
(¥45,000) price : ¥45,000
在庫有り

作り手との出会い

寺院で開かれた大規模な陶芸展。唯一目を引いたのは、多治見で作陶する中島さんの細かいひび模様、貫入の茶道具でした。ロクロでつくられた小さな茶器は、丁寧な仕事ぶりがうかがえ、仕覆や網袋も手作りでセンスの良さが感じられました。その場で仏具づくりをいっしょにしませんかとお誘いし、メールでのやり取りがはじまりました。「静かなデザイン」をキーワードに、何度も実験、試作を繰り返していただき、納得のいくまでお付き合いいただきました。

箱の台は、対象物と具足が、きれいに見える高さにしています。箱の製作は、桐のシリーズをつくっていただいている伝統工芸士の松田克成さんに、トレイのアルミの加工は、鍛鉄作家の太田綾子さんに依頼しました。台とトレイは、裏返した時に同じ意匠となるようにデザインされています。こうして静かな気持ちでお祈りするための道具ができました。

 

陶芸 中島 完 nakashima yutaka

1972年 広島県に生まれる。岐阜県多治見市の自宅工房で、陶の器を製作。茶箱の展示会を全国のギャラリーでおこなう。手のひらにのる箱に好みの道具をつめる、その日の気分で自由に組み合わせる面白さを感じられるような作品をつくっている。瀬戸・美濃の土、時には山に行き掘ってきた土を使い、ひとつひとつ轆轤で形をつくり、独自に調合した釉薬で、電気窯・薪窯・楽窯・野焼きなどで焼成している。茶陶に限らず、古い器の形や質感・作る工程・焼成環境や方法などから驚きや発見を得て、現代の道具として、使いやすさや、形、組合せのバリエーションを工夫して、作品づくりをおこなっている。

 

取扱説明

三具足について
線香、ろうそくの火の取扱には充分お気をつけ下さい。ろうそくをつけたまま、その場を離れないでください。ろうそくは、付属のサイズのものを購入し、サイズの大きいものを使わないでください。和ろうそくは火力が強いので使用しないで下さい。蝋台のご使用直後は、芯の部分が高温になりますのでご注意下さい。蝋台の芯部分を強く引くなど、衝撃を与えないでください。蝋の溶け残りが気になる場合は、削り取ってから、メラミンスポンジで軽くこすってください。ろうそくをさす芯は鋭利になっていますので、怪我をしないようご注意ください。香立ては線香専用です。炭を入れるお香は使用できません。香立てに付属の灰を入れ、香立ての真ん中に線香を灰の下までしっかり差し入れてください。灰が落ちるときに香立てから出てしまう場合は、線香を折ってご使用下さい。
花入れの水は毎日取り替えてください。三具足の汚れが気になる場合は、台所用洗剤で洗ってください。漂白剤や酢などの酸性が強いものにつけますと、貫入 (ひび状の模様) の色が落ちる場合がございますので、使用はお避けください。洗浄後は、表面の水分を拭きとった後に、十分乾燥させてからご使用下さい。陶器でできておりますので、強い衝撃や急激な温度変化は、ヒビ・カケなど破損の原因となりますので、お避けください。

桐箱について
桐箱に水等をこぼし、長時間放置して置くとシミや傷みの原因になりますので、速やかに拭き取って下さい。水につけないで下さい。洗剤を使用して拭かないで下さい。湿気の多い場所を避けて保管してください。硬いものを当てないで下さい。破損する恐れがありますので、丁寧に取り扱い下さい。蓋の裏のアルミニウム板は、自然素材のワックスで表面を薄くコーティングしています。汚れは水を固く絞った柔らかい布等で落とし、乾いた布で水分を拭き取って下さい。ステンレスたわしなど硬いものでこすらないで下さい。