GOODLIFE office. roppongi

デザインで企業をアップデートする Ⅱ
_J5A0459
  • 竣工         2018
  • 施主         株式会社 グッドライフ
  • デザイン設計監理   SEKI DESIGN STUDIO
  • 照明計画          KOIZUMI+YAMAGIWA+SEKI DESIGN STUDIO
  • 施工         住友不動産 株式会社 ビル事業本部テナント工事課
  • グラフィックデザイン 株式会社 佐藤卓デザイン事務所
  • コピーライト     株式会社 Rockaku
  • ウェブデザイン    株式会社 フルサイズイメージ
  • 所在地        東京・六本木
  • 写真         淺川敏

GOODLIFE は「不動産業」と「IT技術」を組み合わせた「ReTech」で、さまざまな事業を展開している企業です。弊社は、2017年に手掛けた渋谷オフィスに続き、移転先の六本木オフィスのインテリアデザインを担当しました。

ロゴマークは、グラフィックデザイナー・佐藤 卓さんによるものです。不動産投資の魅力は、幅広い人々が、小さな投資の積み重ねから、大きな未来の広がりを体験できること。このロゴマークには、こうした「広がり」のかたちが込められています。

インテリアデザインのコンセプトは「power」です。
そのスピリットとなる conference room を中央に配し、全方角に開かれながら求心力のある特別な場を透明ガラスの円形ブースで表現しました。全体の床は、conference room を中心とした、無数の情報の集積と拡散の様を表現するために、同じシリーズの4色のタイルカーペットを一枚一枚貼りながら、色合いの濃淡の調整を計りました。meeting room は、運気の向上をイメージさせる「光」を表現した金色と、「知」を表現した銀色の壁面の二部屋を設けました。reception space は、GOODLIFE の「過去と現在と未来」を結ぶために、渋谷オフィスのデザインを原点と捉え、ここに再現しました。床は、GOODLIFE がお客さまの足元を支えるという意味から、ロゴマークを転用したパーケットフローリングです。これはフローリングメーカーと恊働開発したオリジナルデザインで、ハードメープ ル、イコロ、オーク、ブビンガ、ウォールナットの5樹種の2ミリ厚単板で構成した特注品です。

この場が「あらたなスタンダード」を目指す GOODLIFE 社 のパワースポットとなり、さらなる発展を遂げられることを願っています。

Photo

Photo