seki house

僕たち家族のあらわれ
toshihide kajihara
toshihide kajihara
  • マンションリノベーション
  • 竣工  2001
  • 床面積 91.1㎡
  • 施工  英興社
  • 所在地 東京 ・東中野
  • 構造  RC
  • 写真  梶原敏英 淺川敏 Nacasa & Partners Inc. 安川千秋 ELLE DECO 関 洋

家をつくることは暮らしをデザインすることでもある。自分達にとっての大切な物事や心地よさを追い求めたら、生まれ育った西伊豆の海や山の原風景に行き着いた。「 ゆっくりと流れる時間 」「 自然との関わり 」「 記憶のかたち 」「 シンプルな暮らし 」 をテーマにデザインした。 左官の佇まいは時間の流れによって静かに表情を変える。波に泳ぐ砂のように素肌色の壁が呼吸する。

Photo

  • satoshi asakawa
  • chiaki yasukawa

Plan

seki_house_plan-2

茶会 @ seki house

toshihide kajihara
toshihide kajihara
  • 会期   2006年  12月 24日
  • 場所   SEKI DESIGN STUDIO アトリエ
  • 会場構成 SEKI DESIGN STUDIO
  • 写真   梶原 敏英

クリスマスにアトリエで茶会を行なった。茶室は、部屋の中にもうひとつの特別は場をつくる発想で、梱包用のロール状のダンボールを広げて「紙の茶室」をしつらえた。適所ににじり口を設けたり、内部のたまりを床の間に見立てたてて、水引でつくったお祝いの掛け物を貼付けた。茶会が終われば、そのまま巻いて収納しておくこともできる。

内部はこもる感覚で落ち着き、日常と非日常を境のような不思議な空気感で満たされる。ダンボールの紙の風合いは、土壁の表情にも似て、簡素な風情が茶室の精神に通じる。

クリスマスツリーは、観葉植物にネックレス、ブレスレット、指輪などのアクセサリーで飾り付けをした。

夜は、同じ場所に蠟燭の火の結界で間をつくり、参加者であるグラフィックデザイナーの川端博哉氏が撮らえた、「光のタゥー」の写真を掛け軸と見立て、プロジェクターで壁に投影し、「夜火茶席」を出現させた。

2006年「Christmas Chakai」JCDデザインアワード銀賞