ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE |TOKYO GINZA 「Haat ‐lattice- 格子」

Haatのコンセプトを杉の間伐材で表現したインスタレーション
hiroshi seki
hiroshi seki
  • 竣工  2012
  • 期間  2012  年 11月 1日 – 11月 30日
  • 施主  ISSEY MIYAKE INC.
  • 所在地 東京・銀座
  • 写真  ISSEY MIYAKE INC. 関 洋

HaaTのコンセプトは3つのハート。ビレッジマーケットを意味するHaaTには国境を越えてさまざまな技術、素材、美意識が集まる。伝統の手法を今の服に生かしたHEART(心)、そして日本のデザインとインドのクラフツマンシップをコラボレートさせたHAATH(手の意味)。「作る人の気持ちと時間が、普通のものを特別な存在に変えてしまう手仕事の力、より美しく、快適に、丈夫に・・・」というトータルディレクターの皆川魔鬼子さんの思想を、国産杉による三角形のストラクチャーで表現した。3つのコンセプトを3本柱と捉え、柱と梁による三角形の立体格子を、現場で職人達が国産杉の丸棒を使い、バンセンとカスガイで組み上げた。

Photo

  • ISSEY MIYAKE INC.
  • hiroshi seki