蕨・T house

床材の色の切り替えと天井の凹凸で場をつくる
toshihide kajihara
  • プロジェクト名 蕨・T house
  • 計画種別    マンションリノベーション
  • 用途      住宅
  • 竣工年     2005
  • 計画地     埼玉・蕨
  • 構造      RC
  • 計画面積    77.5㎡
  • 設計      SEKI DESIGN STUDIO
  • 施工      NENGO
  • 撮影      梶原敏英

見通しと連続性を具現化するために、ほぼ中央にあるパイプスペースを軸に、リビング・ダイニングと寝室とキッチンを回遊動線でつなげた。床材のコルクリノリウムの切り替えと天井の凹凸は、さりげない境界の意味を持ち、何気なく場と気持ちをコントロールする。

Photo

Plan