DIALOG IN THE DARK

まっくら闇のエンターテインメント
Nacasa & Partners Inc.
Nacasa & Partners Inc.
  • 竣工  2009
  • 施主  Dialog in the Dark Japan
  • 施工  good design company / paperback / SURETY / TAKACHIHO PRODUCTS / XEBEC / 北鎌倉はるけん工房 / アールシーエス               /サニーサイドアップ
  • 所在地 東京・青山
  • 写真  Nacasa & Partners Inc.

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

暗闇のソーシャルエンターテインメント
現実と非現実をつなぐプラットホームであるロビーのデザイン

東京都渋谷区・神宮前の地下空間にある「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」。視覚障碍者が案内人となり、グループで暗闇の中を探検し、さまざまなシーンを体験するソーシャル・エンターテインメント。暗闇の中で、視覚以外のさまざまな感覚の可能性に気づくとともに、コミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出す。これまで世界約39か国・130都市で開催され、2015年現在で800万人以上が体験したこのイベントは、1988年にドイツで生まれ、1999年以降は日本でも毎年開催され、17万人以上が体験している。

プレゼンテーションは、図面、空間模型、素材サンプルと現物の家具を体感してもらうためにアトリエで行なった。アテンド(視覚障害者)の方々は、説明を聞いたあと、木やガラスのサンプルを手に取り、たたいたり、こすったり。杉のスツールは、抱きかかえて、カタチをなぞるように指をはわせたり、鼻を近づけて匂いをかいだり。うづくりした木目を、愛おしそうになでていた。その素材自体の特徴を五感で読み取っていた。

ロビーは、現実と非現実のつなぐプラットホームとして、この場を体験する前後の気持ちや感覚の動きに反応するようなデザインとした。
入り口のドアは、ダイアログ・イン・ザ・ダーク発祥の地、ドイツでポスターなどに用いられたカラフルな色彩に、日本での開催のために、グッドデザインカンパニーの水野 学氏がデザインしたロゴを切り文字でからめた。
正面の壁は、一面クリアーミラーを貼り、その上から、ロゴを切り抜いた半透明のカッティングシートで覆った。ロゴのミラーに、まわりの様々な状況と、自分が映り込む・・・ダイアログ・イン・ザ・ダークを体験する前後で、その様子をどのように観て感じるかを体験者に委ねた景色のような存在としてデザインした。もうひとつの壁面は、地下室という環境を心地よい空気で満たすために、調湿効果に優れた日本的な素材、桐の無垢板で覆った。
来場者が使用するスツールやソファなどの家具は、視覚的な自然感だけでなく、座った時や手で触れた時の「触感」を感じられる素材とした。スツールは、国産杉の集成材にうづくり加工(カルカヤの根を束ねたブラシで、表面を擦ることで、年輪のやわらかいところを削り、固いところを残す技法)を施しているオリジナル。ソファや棚などは、広葉樹の節や虫食いなど、素材そのものの個性を生かした材料を使ったオリジナル。
ダイアログ・イン・ザ・ダークの「 目以外で観る」という思考と、リンクする要素をさりげなくちりばめた。

ダイアログ・イン・ザ・ダークのロビーのデザインを行うきっかけは、代表の志村ご夫妻が、弊社が手掛けた南青山のLife Creation Space OVEのキッチンカウンターに使用した触感的なダグラスファーの古材に一目惚れして生まれた。

納品家具:素のもの  (sugi-stool)  kitoki  (endai-sofa、kazaridana、open-shelf、特注カウンター)arti  (sorte)
Dialog in the Dark 公式サイト http://www.dialoginthedark.com/

photo

  • Nacasa & Partners Inc.
DIALOG IN THE DARK
DIALOG IN THE DARK

DIALOG IN THE DARK

  • 仕事     ロビーデザイン
  • クライアント DIALOG IN THE DARK
  • 場所     渋谷区神宮前
  • 写真     DIALOG IN THE DARK SEKI DESIGN STUDIO
ロビーデザインを手がけさせていただいた「DIALOG IN THE DARK」。代表の志村真介さんのことばを集めて、ここに紹介させていただきます。その活動のすばらしさを、多くの人に知ってもらえるよう私たちも応援しています。

見えない、が、見える!

東京都渋谷区・神宮前の地下空間にある「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」。暗闇のエキスパートである視覚障碍者のサポートのもと、参加者がグループとなって暗闇の中を探検し、さまざまなシーンを体験するソーシャル・エンターテインメント。視覚以外のさまざまな感覚の可能性に気づくとともに、コミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出す。暗闇の中では、社会的な地位や肩書き、容姿、名前も役に立たず、年齢や性別を超えて、フラットな立場で接することができる。見えないことで見えてくるものがあります。

1988年にドイツの哲学者アンドレアス・ハイネッケさんが始めたもので、これまで世界39か国、130都市以上で開催されています。日本では1999年から寺院や廃校を利用し、期間限定で開催してきましたが、2009年からは渋谷区神宮前の会場で常設展を実施しています。2013年からは大阪でも積水ハウスとの共創で「対話のある家」として長期開催を行っています。これまで世界で800万人以上、日本でも17万人以上の人たちが体験しています。

 

DID
dialogdarkx-large

News